ネタバレ避けの方法

このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ネタバレ避けの方法を3つ

たとえば、去年の大人気アニメを取り上げてみます。NHKのニュースやワイドショーなどでもとりあげられた鬼滅の刃。じつは、すでに去年の5月に連載は終わっていました。最終巻は12月ぐらいに発売されました。異例の遅さです。銀魂は6月終了で、8月最終巻だった。それまで待ってた人も多かったかもしれません。アニメだけ、コミックのみで追ってたり、それぞれの追いかけ方がある昨今。

 

 

2020年に映画化の人気漫画

 

 

メディアの対応

でも、ニュースでは全く映画の結末も原作の結末も触れられませんでした。
やっぱり、そのことに触れるのは暗黙の了解事項としてNGだからって心得ていたのでしょうか?
マナーとして当然?最近ではツイッターにいろんな作品の結末を送り付けるみたいな迷惑なこともあるとか聞いたことありました。ブログなどでも話の感想記事関係でもネタバレ注意って上の方に書いてあったりもしますね。

 

 

 

 

1.トレンドを見ない、SNSのトレンドも外国語に

トレンドにアニメ関連が入ってるのはとても多いです。
ツイッターをしていると右に国内のトレンドワードが表示されます。なので別の国にしておく。でも、遠い国でもトレンド入りしていることもある。

 

 

 

2.SNSでアニメじゃなくてもつぶやいてあるかもを想定しておく

このアカウントはアニメじゃないことでフォローした。でも、誰でもこれとこれだけしかつぶやかないとしていてもつぶやくときだってある。そういう時のことも考えてないといけない。

 

 

 

3.ネットから離れる

最後の手段、たまにはネットから離れましょう。
ネットと接していること自体がネタバレを踏む確率が高い。
それならネットを見なければいい。

 

 

 

補足

リアルの世界で今までどうして話題になってなかったんだろうぐらい、知らなくてもある日突然、自分のいつも接する人たちがひとたび話題にするかもしれない。
そういうことも想定してないといけませんね。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか、いろんな情報があふれかえってるネット。便利なようで時に自衛も必要です。